写真を撮るのはとても下手だし、センスがない気がします…でも、フィルムカメラ、デジタルカメラを問わずカメラは大好きです!!ここらで一生の趣味として、一から写真の勉強を始めようと思い立ったところです。のんびりお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします!!


2011年07月13日

Canon PowerShot A1200(その3)

いよいよCanon PowerShot A1200の実写サンプルです。とはいえ、撮影は母親なので手ぶれ等の影響もあるかと思います。全てAutoでの撮影と思われます。




1枚目はどこかの花壇のようですね。雰囲気はそれなりですが、眠いというか甘い感じがします。
IMG_0017.JPG




2枚目は何かの花ですね。やはりかなり眠たい雰囲気です。自分は輪郭強調バリバリぐらいの絵が好きなのでちょっと残念ですね。
IMG_0011.JPG




3枚目も優しい感じですね。好き嫌いのありそうなところです。
IMG_0025.JPG




しかし、以前に家族用に買ったPENTAXのOptio E90(自分の紹介はコチラ)と比べたらPowerShot A1200のほうが画質は良いと思います。ズームだって28mmからの4倍ズームだし。比較対象が携帯電話のカメラならこのカメラには間違いなく9,000円ちょっとの価値はあるだろうし、持ち歩く意味もあるかと思います。何より、お年寄りにはかなりオススメ出来ます。しかし、写真に興味がある人にはオススメは出来ないかも。




Canon デジタルカメラ PowerShot A1200 シルバー PSA1200(SL)
クリエーター情報なし
キヤノン
posted by Brief187 at 23:54 | Comment(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(3)

1年ぶりくらいにAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACROを家の庭以外で使ってみたのでそのネタです。SIGMAのAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACROは、価格こそ2万円しなかったもののAPOの名のとおりSLDガラス3枚が使用され色収差も抑えられ安レンズの中では定評があるようです。また、フルサイズにも対応のようです。実際に望遠レンズとして晴天下で使うにはさほど問題はありませんでした。しかし、今回は六甲高山植物園でしたが、遠方で天候がいまひとつ読めない中に持って行くにはおススメ出来ないようです。




そもそも開放F値がF4からF5.6とそれなりに暗く、しかも手ぶれ補正機能がついていないため曇天でも使用を躊躇われる感触です。また、このレンズの売りは”スイッチの切り替えにより、200mmから300mmの間では、最短撮影距離が150cmから95cmに短縮され、レンズ交換することなくマクロ撮影が簡単に行えます。”ということなのですが、自分の場合はAPS-C換算なので450mm(300mm)で1:2といわれても、F5.6で手ぶれ補正なしに止めることは案外難しかったです。ちょっと太陽が雲にかげるとさらに1/60秒とかもっと遅くになってしまうわけです。また、F5.6では、屋外ではだいたい風もあるものですからその影響を抑えられず被写体ぶれまでがつきものとなります。




このレンズの簡易マクロ機能はあくまでおまけ、レンズ自体も三脚使用を前提か、かなり明るい環境での使用が賢い使い方のようです。しかし、画質とコストパフォーマンスには問題ないので、今までに書いたことをわかった上で買うのであればなんの問題もないと思います。もっともAFは遅いので動き物にも不向きでしょうね。非常に動きのにぶい動物でも撮るかですね。カメ?…




とはいえ、明るい望遠レンズはこの10倍以上するわけですから、最初は安いものからスタートするのもやむをえないところです。個人的には純正の55-200mmまたはその後継の55-300mmをおススメします。初心者には手ぶれ補正が何よりの保険です。また、マクロレンズは別に調達したほうが良いであろうという当たり前のことが、今回の自分の感想です。


DSCF7641.JPG

DSCF7631.JPG

DSCF7628.JPG

DSCF7589.JPG


シグマ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ニコン用 II
クリエーター情報なし
シグマ
タグ:SIGMA nikon S5 Pro
posted by Brief187 at 00:00 | Comment(0) | Nikonマウントレンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM(その3)

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの3回目ですが、相変わらずカメラはFUJIFILMのFinepix S5 Proです。そして、RAWを使わずJPEG撮って出しです。今回はF2ではなくてSTANDARDだったような気がしますね。手ぶれ補正ってすごいですね。運が良ければ1/2秒とか、1秒がそれなりに見えます。もちろんアップで見たらぶれてますけど。



DSCF7300.JPG

DSCF7353.JPG

DSCF7363.JPG

DSCF7375.JPG



最近、のんびり写真を撮る機会も少ないけど、ストレス発散をかねてぼちぼちいきたいです。



シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ニコン用 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM NA
クリエーター情報なし
シグマ
タグ:Finepix S5 Pro SIGMA
posted by Brief187 at 22:06 | Comment(0) | Nikonマウントレンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。