写真を撮るのはとても下手だし、センスがない気がします…でも、フィルムカメラ、デジタルカメラを問わずカメラは大好きです!!ここらで一生の趣味として、一から写真の勉強を始めようと思い立ったところです。のんびりお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします!!


2010年08月11日

Adobe Photoshop Elements8とMicrosoft Office Picture Manager

今まではカメラのフルオート撮って出しのjpegで満足していた自分なのですが、istDSM42レンズをつけると露出がおかしいっぽいのです。撮影時の修正方法、撮影後の修正方法等をゆっくり探っていきたいところです。しかし、こうやって書きながら写真についてはド素人である自分を再発見するわけです。




IMGP1485.JPG
まずはistDSでフルオートで撮った写真です。全体的に暗く発色が悪いです…




IMGP1485.JPG
前回も掲載したMicrosoft Office Picture Managerによる自動補正適用後の写真です。その場で目で見た風景に近い気がします。と書いて、あとのほうの他のを見て見た目よりもっと派手に鮮やかに補正されている気がしてきました…




IMGP1485_con.jpg
別のソフトも試してみたくなりPhotoshop Elements8の自動コントラスト補正適用後の写真です。



IMGP1485_level.jpg
Photoshop Elements8による自動レベル補正適用後の写真です。




IMGP1485_sma.jpg
Photoshop Elements8による自動スマート補正適用後の写真です。




こうやってみてみると、程度の差こそあれだいぶ明るく鮮やかに仕上がりました。結局カメラの露出がいくらかアンダーってことでいいのでしょうか?また、撮影時にどの程度の露出補正が必要なのか、そのあたりが今後の勉強が必要な部分ですね。そして、簡単に写真を補正する程度なら1万円強するPhotoshop Elements8を購入せずとも、Microsoft Office Picture Managerみたいなおまけソフトでも十分かもですね。もちろん機能的にはぜんぜん違うんですけどね。




やっぱりド素人的なまとめになりましたが今回はそんな感じです。自分的にはPhotoshop Elements8ととものんびり付き合っていこうと思います。




Adobe Photoshop Elements 8 日本語版 Windows版

アドビシステムズ

このアイテムの詳細を見る





posted by Brief187 at 20:51 | Comment(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。