写真を撮るのはとても下手だし、センスがない気がします…でも、フィルムカメラ、デジタルカメラを問わずカメラは大好きです!!ここらで一生の趣味として、一から写真の勉強を始めようと思い立ったところです。のんびりお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします!!


2010年08月22日

Konica Revio KD-510Z(その2)

コニカ最後の自社製デジカメといわれるRevio KD-510Zです。レンズバリアが使いにくい、重いなど欠点もありますが、いまだに使っているカメラです。




PICT0056.JPG
このカメラのマクロはかなり優秀だと思います。小指の先ほどの花の様子や、こぼれ落ちた花粉まで鮮明に写りました。




PICT0057.JPG
コンパクトデジカメなんでボケはしませんがフルオートでマクロがこれだけ撮れたら自分では満足です。




PICT0153.JPG
自分から白状しなければ7年前の500万画素のデジカメで撮ったとは思わないんじゃないですかねって言ったら自意識過剰でしょうか…

続きを読む
posted by Brief187 at 00:18 | Comment(0) | KD-510Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

Konica Revio KD-510Z(本体レビュー)

カメラ本体の紹介です。コニカRevio KD-510Z(日経TRENDY NETの記事はコチラ)は自分にとって3台目のデジカメだったと思います。欲しかったのですが案外高くて手が出ず、モデル末期に暴落した時に買ったような…そして、なぜか陳列用のシール類がすべて貼られたままですorz




IMG_0925.JPG
よくいわれることですが、カメラを構えた状態で左手側をスライドさせて電源を入れる必要があるので若干使いづらいです…1.3秒高速起動の文字が見えますが、当時は最速といっても良いほど速かったです。




IMG_0928.JPG
HEXANONレンズの銘が当時の自分にはまぶしかったです。機械式の絞りを搭載していないようで、マニュアル撮影時に選べる絞りは2種類のみです。




IMG_0932.JPG
昔のカメラの液晶はとりあえずかなり貧弱ですね。当時のカメラらしく光学ファインダーも備えているので撮影には問題ないですが。




インターネット等で、KD-510Zで時計がリセットされるって症状がよくみられるようですが、上で紹介した記事にもあるように、「24時間以上電池を抜くと時計がリセットされる仕様」のようです。このカメラの電池は専用充電器が必要なので充電の際に1日おいておくとカメラ側がリセットされるいった感じではないかと思います。




自分のはシールがキレイに剥がせさえすれば程度の良い個体だとは思うのですが、コニカ最後のデジカメのようだし、写りも気に入っているのでこのまま保存して、たまには使っていこうと思います。コニカのページが消えているので仕様はこのあたりを参考にして下さい。1/1.8インチ500万画素の原色CCDに6群7枚(F2.8から4.9)の39-117mm3倍光学ズーム、測光方式は中央部重点とスポットのみとちょっと変わった仕様ですね。
posted by Brief187 at 01:19 | Comment(0) | KD-510Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

Konica Revio KD-510Z(その1)

カメラ本体を紹介出来ていませんが、コニカが7年ほど前に販売していたRevio KD-510Zがまだ現役です。このカメラは1/1.8インチ536万画素のCCDを搭載し、39~117mmまでの3倍ズームのモデルです。しかし、デジカメって不思議なんですよね、このKD-510Zで最近撮った写真を1枚貼ってみますがこれが7年前の約500画素しかないコンパクトデジカメってわかりますか?僕にはわかりません。





PICT0533.JPG
なかなかキレイじゃありませんか?被写体についてのクレームは…ご勘弁をorz



posted by Brief187 at 23:19 | Comment(0) | KD-510Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。